ちゃりの細道

不良中年と呼ばれたい♪Since oct.2006

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- : スポンサー広告 : TB x : Comment x

湘南ライド(大磯駅まで)

 今日は走り納めと「自分企画・仕事などで関わりのある場所へ自転車に乗って出かけみよう」第2弾を兼ね大磯駅まで出かけてきました。
 往路は1号、復路は134号で海沿いを走ったのですが、幸いして好天に恵まれ、海沿いを走っているときは暑いぐらいでした。
 帰り道、冬の日暮れははやくて、ライト点灯しての走りとなりましたが、今日は大晦日、どうも実感の沸かない走り納めとなりました。
 そうそう、なぜかFB長文がアップできなかったです。それこそ、大晦日…だからかな?

DSC_1213_R.jpg

DSC_1219_R.jpg

DSC_1220_R.jpg

DSC_1224_R.jpg


スポンサーサイト

2013/12/31 : 日記 : 1011Trackback 0 : 1011Comment 0

ポジション調整などしてみました

という訳で、これから大掃除でもとは思っているのですけど、多少のポジション調整などしてみたので備忘録がわりにアップなど。

1.懸案だった左右の足の違い、ペダルをルックからシマノへ変えたところで解決した訳では無くどうしようかと悩んでいたところ、クリートスペーサーなるものを発見、早速取り入れてみることにしました。

2.通販で届いたクリートスペーサー、1ミリ×1枚、2ミリ×2枚同梱されていて最大5ミリまで調整できるようになっています。寝ながら脚を揃えてみると人差し指1本分ぐらい異なっている(右足が短い)ので3ミリぐらいは調整必要かなとは思ったものの、急に変えてもと2ミリ1枚をシューズとクリートの間に挟んでみました。

3.先週のお山で試走したところ、このまま2ミリ1枚でオケーそうです。速く登れるようにはなりませんでしたけど、楽に登れるようになったのは確かです。パワーメーター付けるわけでは無いので、あくまで体感ですが左右の出力は同程度になった気はします。(あっと、自分は左利きです。)

4.つれての調整となりますが、シムを換えることで角度微調整のできるスペシャ・プロセットステムのシムを-14度から-16度へ変更。あと、写真はありませんがサドルを1.5ミリ高くしてみました。

5.ハンドルの位置下がったので腰への負担どうかなと思いましたけど、そんなことなくて肘は楽になるし、ちょうどニュートラルな位置に乗れているような気がします。

あらら、大掃除取り掛からねば…そんなところです。

DSC_1107_R.jpg

DSC_1108_R.jpg

DSC_1114_R.jpg

DSC_1184_R.jpg


2013/12/30 : 日記 : 1010Trackback 0 : 1010Comment 0

都内ポタ(尾山台~等々力)

 独自企画「仕事などで関わりのある場所へ自転車に乗って出かけみよう」第1弾として、今日は午後から東急尾山台駅と等々力駅まででかけてきました。
 
 自宅から等々力まで…ぐぐると246から目黒通りを使うルートとか出てきたのですけど、走りなれた外苑西通り経由で目黒通りへ入り西日のまぶしさに苛まされながらも産能短大の交差点から住宅街へと左折、信号の無い十字路に気を付けつつ尾山台駅。そして、ほどなくして世田谷区役所支所のある等々力駅に着しました。

 ここから折り返してもと「等々力渓谷」へなど寄ってみました。小学校の遠足かなにかで訪れた気もするんですけど、その頃住んでいたのは東急元住吉駅近くだったので、どうやら記憶違いな気もします。そうそう、等々力不動前交差点には、永井さんの「ポジティーボ」さんを発見しました。予算など気にせず、永井さんにあれこれと相談しながらバイクフィッティングできれば最高なんですよね。
 
 帰りは何かと思い出の多い自由が丘駅へ立ち寄ってみました。幼い頃、母に連れられての買い物と言えば自由が丘のピーコックと自由が丘デパートだったんですよね。あとは、たぶんもう無くなっていると思いますけど、家族4人で訪れたボーリング場…わざわざ渋谷まで出かけるほどでもないけど…そんなお出かけの場所が自由が丘だった思い出の街です。


DSC_1187_R.jpg

DSC_1189_R.jpg

DSC_1190.jpg

DSC_1192_R.jpg

DSC_1194_R.jpg

DSC_1196_R.jpg

DSC_1197_R.jpg

DSC_1199_R.jpg

DSC_1201_R.jpg

DSC_1202_2013122921140414f.jpg

DSC_1204_R.jpg


2013/12/29 : 日記 : 1009Trackback 0 : 1009Comment 0

全日本選手権女子フィギュアスケート観戦記

ちょっと日にち経ってしまいましたけど、先日開催された全日本選手権女子FS観戦記など備忘録がてら記したいと思います。

 最終滑走グループの6名がリンクに飛び出したとたん、会場の雰囲気は今までと一変してスタンドで観戦していても逃げ出したいほど張り詰めた緊張感に支配されました。「遊びは終わり、これからが本番なんだから」そんなオーラを全身から発しながら6名はウォームアップながらも圧倒的なスピードで氷上を滑り出しました。

 同じリンクなのに狭く感じさせてしまう、そんな最終滑走グループの前には3グループほど、計18名の選手達が滑り終えています。今回、全日本選手権を観戦したのははじめてのことですし、テレビそして乏しいながらも相方につれられて観戦した上位選手のみ出場する大会とはまったく異質というか、フィギュアスケートの本来(現実)の姿が垣間見えた…そんな気がします。

 伸びしろがあり、そして環境に恵まれた一握りな選手とは異なり、その他大勢に位置づけられたとしても選手生活の最大目標として全日本選手権出場を位置づけ、「限定された環境のなかで自身の能力の限界に挑み、選手であることを全うしたい」。あくまでもスタンドで観戦する一個人としての感想ですが、18名のうち全ての選手がそうとは言い切れないとは思いますけど、そんな感じで出場されているのかなと思ってみました。

 会場からかかる「○○ちゃん頑張って!」の声援、数に違いはあっても投げ入れられる花束とぬいぐるみなどのプレゼント、そしてキスアンドクライでコーチとともに成績発表を待つ姿は、いつもの見慣れたシーンですけど、リンクの周辺を見回せば何台も配置されているテレビカメラには緑色のカバーに覆われたままで、最終グループ滑走者とは選手としてのランクの違い、待遇の違いには歴然としたものがありました。

 この大会で引退表明された安藤選手には感動しましたし、磐石と思われた浅田選手の手から零れ落ちた優勝の二文字。そして安定した滑りを魅せてくれた鈴木選手の感極まった涙。悲喜こもごもというか、正しく「筋書きの無いドラマ」を堪能できたひとときでした。

 男女でメダルは幾つ取れるのか…外野はそんなお気楽さ加減ですけど、逃げ出したいほどの緊張感のなかで自らの全てを出し切る、出し切りたい…そんな選手の心意気にエールを送る、そんな思いでソチオリンピックを観戦できればなと思ってしまいます。


DSC_1137_R.jpg

DSC_1139_R.jpg

DSC_1141_R.jpg

2013/12/28 : 日記 : 1008Trackback 0 : 1008Comment 0

奥武蔵ライド(滝ノ入線~山猫軒~弓立山)

昨日は越生周辺の低いお山を訪れてみました。ルートは、滝ノ入線~山猫軒~大楠~弓立山のルートです。いつもとは逆周りな感じです。
1.自宅~滝ノ入線
 朝方は意外なほどに風は弱かったです。やはりというか日が昇ると風出てくるんですよね。だったら、仮に早起きできたとして夜明け前に出発できたとしたら、こんどは橋の上とかの路面凍結心配だったりしそうです。

2.滝ノ入線
 毛呂山のコンビニで補給取ったのは良いのですけど食べれば…ってやつで大焦り。途中にあるオートキャンプ場のトイレを借りて事なきを得ましたけど、やはりトイレの場所を知っているっても冬場には心強いような。
 滝ノ入線自体は静かな峠道って感じです。一本桜の大曲りを通過すると、あとはアップダウンしながら桂木線との合流点に至ります。桂木線には入らず、そのまま直進で下ったのですが、やはり北斜面の下りは気を使います。

3.山猫軒
梅本線を少し登り二つ目だったか橋を渡ったところで右折すれば、左カーブの向こう側に山猫軒への激坂が立ち現れます。う~ん、大げさですけど、ユイの壁ならぬ山猫軒の壁ってところでしょうか。自分的には「足をつこうとしてクリート外れなかったどうしよう」とか弱気なこと考えてしまうのですけど、こんな激坂って性格出そうな気がします。しゃにむに突っ込めると良いのですが…小心者のオヂなのかな?それでも、脛の震えに耐えつつも脚つき無しで越えられたのは幸いでした。

山猫軒ではお昼までにはちょっと時間あったこともり、ケーキセットをいただきました。外でいただいたのですけど、お店のなかに入ると薪ストーブの優しいぬくもりが…手をかざすと眠気に誘われそうな気がして、日向ぼっこと外でいただいたのは正解だったような気がします。

4.大楠~弓立山~シロクマパン
いつもとは逆ルート、やはり弓立山を先に登ってしまうほうが脚的には楽なような気がしますがどうなんだろう…。滝ノ入線、大楠への林道にはロードの方では無くてマウンテンの方を見かけましたが、さすが弓立山にはロードの方の姿を。弓立山、冬場でも登れますし、この冬も度々訪れることになりそうです。

5.シロクマパンさん
ご主人、緊急手術されたとの報に心配だったのですけど、ご主人のブログによると無事手術は成功して、この土曜日に退院されたとのこと。お店再開のこと按配されているようですし、年明けて梅の綻ぶ前には美味しいパンをいただくことできそうです。

DSC_1116_R.jpg

DSC_1117_R.jpg

DSC_1118_R.jpg

DSC_1119_R.jpg

DSC_1121_R.jpg

DSC_1122_R.jpg

DSC_1123_R.jpg

DSC_1124_R.jpg

DSC_1126_R.jpg

DSC_1127_R.jpg

DSC_1129_R.jpg

DSC_1130_R.jpg

DSC_1131_R.jpg

DSC_1132_R.jpg

DSC_1133_R.jpg

DSC_1134_R.jpg

DSC_1135_R.jpg

2013/12/23 : 日記 : 1006Trackback 0 : 1006Comment 0

横浜あたりまで

 急に寒くなってきたこともあり、今日は遠出をせず往路は15号、帰路は1号を使って横浜あたりまで出かけてきました。で、外食はこのところ残念気味なこともあり、旨いと評判な高島町近くの日本そば屋でお蕎麦でもいただくことにしました。

 あれれな向かい風なこともあり、ほぼ順調に高島町交差点着、ちょっと道に迷ったもののおそば屋さん着してみれば何ともな激混み状態でした。う~ん、並んでも良いけど、今日はこれで終わってしまうかも…またの機会に?後ろ髪引かれつつお店を後にしました。

 なんかお昼難民となりそうな気がしたものの、あの寿町をかすめながら、よっこらしょと地蔵坂上へ。丘の上の交差点近くには横浜女学院などあったりして、たぶん校舎からは棄てれてきたとはいえ寿町を容易に見下ろせるだろうし、それはそれで、そんなものかなと思ってみたりもします。

 お約束なイタリア庭園から反時計周りで周遊、途中、お気にな「えのき亭」でお昼でもとは迷ったのですけど、幸せそうな家族連れの多さに遠慮したりして…それと、イタリア庭園で事務の女性らしきお方に、ここには自転車置かないでねとやんわりながらも毅然とした態度で言われたのも尾を引いていたらしい小心者なオジでした。

 みなとの見える丘公園から山下公園経由で帰路へ。途中で食べたカツどん定食のしょっぱさが1国アップダウンの度に、おえっと来たのには参りました。
 それと1国、真夏には走りたくはありませんが、今どきはよろしいのかもです。それでも、江の島辺りまで足を伸ばした日には通りたくないような…

DSC_1068_R.jpg

DSC_1069_R.jpg

DSC_1070_R.jpg

なんともな混み具合でした。

DSC_1073_R.jpg

DSC_1072_R.jpg

DSC_1075_R.jpg

DSC_1076_R.jpg

DSC_1077_R.jpg

DSC_1079_R.jpg

DSC_1080_R.jpg



2013/12/15 : 日記 : 1005Trackback 0 : 1005Comment 0

小曽根真さんのクリスマスジャズナイトに出かけてきました

 昨夜は、相方と一緒に渋谷オーチャードホールにて開催された「小曽根真クリスマス・ジャズナイト」に出かけてきました。小曽根さん、オーチャードホールでのコンサートは3年ぶりとなるとのこと。追っかけとは言えないまでも、彼のコンサートはジャズ、クラシック問わずわりかし観てきたほうなので、去年もここで小曽根さんに逢ったんだよ…そんな気がしてなりませんでした。
 それでも、小曽根さんのソロピアノからコンサートはじまってしまえば、「3人の僕の兄弟達」とともに奏でるオリジナル曲を中心としたジャズの音色に酔いしれて素敵な夕べとなりました。お約束なクリスマスソングも2曲、しっかり楽しませてくれたのはうれしい限りでした。

 ところで、自分が小曽根さんを知ったのはひょんなことと言うか、ちょっとジャズボーカルにこっていた頃、ネットからダウンロードした伊藤君子のモントルージャズフェスティバルのライブ2曲が彼との出逢いなんですよね。Fly Me To The MoonとSkylark。特にSkylarkは伊藤さんの尊敬されている「ひばり」、美空ひばりさんの紹介とかあったりして、ピアノの伴奏で聴く君子さんは殊のほかナイスだったのですけど、そのときクレジットされていた小曽根さんのピアノに「なんだこれ!」そんな感じでぞっこんとなってしまいました。

 このところジャズピアノと言えば、上原ひろみさんがいの一番に挙げられるとは思いますが、女性らしい感性に溢れた奔放的な彼女のタッチとは異なり、小曽根さんのピアノは、男性らしい抑揚されたと言うか、羽目を外しているようで決して外すことの無い理知的な感じがしてなりません。

 どちらが良いのか、あくまでも聴き手の好みのような気もしますし、マイフェイバリットなアーチストの演奏を一夜でも五感で味わいつくせるのなら…そんな幸せなことは無いのかなと思ってみたりします。

DSC_1055_R.jpg

DSC_1056_R.jpg

DSC_1057_R.jpg

DSC_1058_R.jpg

DSC_1059_R.jpg

2013/12/13 : 未分類 : 1004Trackback 0 : 1004Comment 0

奥武蔵ライド(弓立山~滝ノ入線~桂木観音

今日は脚を揃えてくださるお二方にニューカマーな(おかまじゃありましぇん)クライマー体型のお若い方と越生方面の低いお山を巡ってきました。
①秋が瀬~トモロー
おひと方遅れるとの連絡があり、都合3名で秋が瀬から荒サイをつかいつつ、トモローまで走り出しました。走り出すと、メイドさんやら「速そう」なショップチームの皆さんが北風を切り裂きながら通り抜けていきます。お若い方は当然彼らをチェックしようとしますけど、本隊はのんびり走とイーブンペースでトモローへ向かいました。それにしても、急な寒さは脚に堪えます。しばらくの辛抱なのでしょうか…お山に入るまでは調子の出ないオヂでした。

②トモロー~弓立山
トモローでお一方と合流、一般道を4名で越生方面へ向かいました。途中通過した、越辺川CR意外と使えそうな悪寒がしました。ただ、北風の吹きすさぶこれからの季節は?が3つぐらいは付いてしまいそうですが…

③弓立山
時間押していたところもありコンビニで軽く補給とってからシロクマの脇を抜け、弓立山へ向かいます。あれれ、登り出すとさっきまでのヘロヘロ加減ではなく何となくお山登れそうな感じです。それでも激なルートではなく優しい?ルートで頂上へ。無事ゲート空いていましたし、頂上へ到達すれば女性ローディのお姿を(^○^軽く挨拶しても無視されたのはご愛嬌です。

④弓立山~大楠
当初は弓立山~くぬぎ村へ向かう予定だったのですけど、時間的+肉体的制約の都合により、くぬぎ村は早々に諦め、大楠を目指すことにしました。途中、大附そば道場の激坂チャレンジの余興など入れてみました。

⑤大楠~滝ノ入線~桂木観音
大楠から帰ったのでは、クライマー体型のお方に失礼と滝ノ入線経由で桂木観音へ。前回は桂木線を登ったのですけど、きつさからすると滝ノ入線を登った方がきついようです。(標高は滝ノ入線から入ったほうがあるのかもです。)

⑥桂木観音~帰路
日暮れも気になり、ちゃんとした?ところでは食事はとらず、帰路もコンビニで済ませました。とりあえず、皆さんとご一緒は年内ラスト走となりそうです。朝方のペース上がらないのは致し方ないと降雪までの短い期間、もうちょっとお山を楽しみたいところです。

DSC_1017_R.jpg

DSC_1019_R.jpg

DSC_1020_R.jpg

DSC_1021_R.jpg

DSC_1022_R.jpg

DSC_1023_R.jpg

DSC_1025_R.jpg

DSC_1027_R.jpg

DSC_1031_R.jpg

DSC_1032_R.jpg

DSC_1035_R.jpg

DSC_1037_R.jpg

DSC_1038_R.jpg


2013/12/08 : 日記 : 1003Trackback 0 : 1003Comment 2

テールライト換えてみました

自転車のテールライトだって、おしゃれにしたい…ってことで、こんなライトにしてみました。1LEDなので明るさ、視認性はどうかなと心配しましたけど、どうやら合格点なようです。
視認性を優先するならLEDたくさんついているを選択すべきでしょうけど、そうなると大きくなりますし、おしゃれ度も今ひとつだったりします。それとコストとの兼ね合いもあって、KNOGのライトにしてみました。USBで充電できるのも選択した理由のひとつです。

DSC_1016_R.jpg


2013/12/07 : 日記 : 1002Trackback 0 : 1002Comment 0

湘南ライド(紅葉の見ごろには一足早かったような)

昨日、1日は鎌倉街道を使って葉山辺りまで出かけてきました。流石な日曜日、海岸線と言うか江ノ電沿いの134号にはローディの皆さんが…(*´ω`*)ペダリングは踏まず回さずを心掛け、脚八分目で紅葉の見頃迄、あと少しな湘南路を楽しみました。
それから朝方はインナーグローブ欲しいぐらいに手指に冷たさ感じましたけど、日の昇るにつれて暖かく感じられました。朝方の寒ささえ乗り切れば…今どきはそんな陽気な気がします。

DSC_0982_R.jpg

定点観測…ちょっと久しぶりかな?

DSC_0983_R.jpg

腰越橋から半時計回りに海沿いを走ります。

DSC_0985_R.jpg

DSC_0987_R.jpg

DSC_0990_R.jpg

DSC_0991_R.jpg

DSC_0994_R.jpg

DSC_0995_R.jpg

DSC_0997_R.jpg

DSC_0998_R.jpg

海と山、交互に巡れると良いような気がします。

2013/12/02 : 未分類 : 1001Trackback 0 : 1001Comment 0

FC2Ad

. まとめ

Calendar
11/2013 ≪ 12/2013 ≫ 01/2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent Entries
20170330都内ポタ  03/31
20160327ジム  03/27
20170325湘南ride  03/27
20170320都内ポタのはずが  03/21
20170318都内ポタ  03/21
Recent Comments
03/18  Tee Yokosawa >> 20160119都内ポタ
02/25  テガ >> 20160119都内ポタ
03/25  Tee Yokosawa >> 湘南ライド(佐島あたりまで)
03/24  テガ >> 湘南ライド(佐島あたりまで)
10/23  Tee Yokosawa >> 湘南こころ旅(もりだくさんな一日となりました)
10/22  テガ/ぶら >> 湘南こころ旅(もりだくさんな一日となりました)
09/11  Tee Yokosawa >> リアタイヤとクリート換えました
Recent Trackbacks
簡単なオーバーホールしてもらいました<< 11/17  まっとめBLOG速報
この歳で呼吸が楽になりました<< 11/02  まっとめBLOG速報
雨に降られました<< 06/05  人気商品や注目話題♪
改めて思うこと<< 05/18  秩父の驚き最新情報!
東京湾一周サイクリングの旅<< 11/16  フェリー&港 ガイド
Categories
未分類     ( 216 Entries )
日記     ( 1028 Entries )
Archives
2017 / 03     ( 7 Entries )
2017 / 02     ( 6 Entries )
2017 / 01     ( 4 Entries )
2016 / 12     ( 6 Entries )
2016 / 11     ( 13 Entries )
2016 / 10     ( 17 Entries )
2016 / 09     ( 20 Entries )
2016 / 08     ( 11 Entries )
2016 / 07     ( 18 Entries )
2016 / 06     ( 12 Entries )
2016 / 05     ( 15 Entries )
2016 / 04     ( 5 Entries )
2016 / 03     ( 7 Entries )
2016 / 02     ( 8 Entries )
2016 / 01     ( 10 Entries )
2015 / 12     ( 5 Entries )
2015 / 11     ( 6 Entries )
2015 / 10     ( 8 Entries )
2015 / 09     ( 8 Entries )
2015 / 08     ( 9 Entries )
2015 / 07     ( 10 Entries )
2015 / 06     ( 10 Entries )
2015 / 05     ( 7 Entries )
2015 / 04     ( 6 Entries )
2015 / 03     ( 8 Entries )
2015 / 02     ( 8 Entries )
2015 / 01     ( 6 Entries )
2014 / 12     ( 8 Entries )
2014 / 11     ( 9 Entries )
2014 / 10     ( 8 Entries )
2014 / 09     ( 10 Entries )
2014 / 08     ( 8 Entries )
2014 / 07     ( 11 Entries )
2014 / 06     ( 7 Entries )
2014 / 05     ( 12 Entries )
2014 / 04     ( 11 Entries )
2014 / 03     ( 9 Entries )
2014 / 02     ( 5 Entries )
2014 / 01     ( 7 Entries )
2013 / 12     ( 10 Entries )
2013 / 11     ( 6 Entries )
2013 / 10     ( 6 Entries )
2013 / 09     ( 11 Entries )
2013 / 08     ( 9 Entries )
2013 / 07     ( 9 Entries )
2013 / 06     ( 5 Entries )
2013 / 05     ( 7 Entries )
2013 / 04     ( 5 Entries )
2013 / 03     ( 6 Entries )
2013 / 02     ( 7 Entries )
2013 / 01     ( 17 Entries )
2012 / 12     ( 7 Entries )
2012 / 11     ( 9 Entries )
2012 / 10     ( 6 Entries )
2012 / 09     ( 7 Entries )
2012 / 08     ( 7 Entries )
2012 / 07     ( 8 Entries )
2012 / 06     ( 7 Entries )
2012 / 05     ( 9 Entries )
2012 / 04     ( 6 Entries )
2012 / 03     ( 17 Entries )
2012 / 02     ( 5 Entries )
2012 / 01     ( 10 Entries )
2011 / 12     ( 9 Entries )
2011 / 11     ( 14 Entries )
2011 / 10     ( 11 Entries )
2011 / 09     ( 16 Entries )
2011 / 08     ( 13 Entries )
2011 / 07     ( 8 Entries )
2011 / 06     ( 12 Entries )
2011 / 05     ( 9 Entries )
2011 / 04     ( 5 Entries )
2011 / 03     ( 3 Entries )
2011 / 02     ( 4 Entries )
2011 / 01     ( 7 Entries )
2010 / 12     ( 8 Entries )
2010 / 11     ( 8 Entries )
2010 / 10     ( 4 Entries )
2010 / 09     ( 6 Entries )
2010 / 08     ( 4 Entries )
2010 / 07     ( 6 Entries )
2010 / 06     ( 7 Entries )
2010 / 05     ( 9 Entries )
2010 / 04     ( 8 Entries )
2010 / 03     ( 6 Entries )
2010 / 02     ( 3 Entries )
2010 / 01     ( 9 Entries )
2009 / 12     ( 9 Entries )
2009 / 11     ( 7 Entries )
2009 / 10     ( 9 Entries )
2009 / 09     ( 10 Entries )
2009 / 08     ( 12 Entries )
2009 / 07     ( 12 Entries )
2009 / 06     ( 6 Entries )
2009 / 05     ( 8 Entries )
2009 / 04     ( 12 Entries )
2009 / 03     ( 7 Entries )
2009 / 02     ( 15 Entries )
2009 / 01     ( 20 Entries )
2008 / 12     ( 5 Entries )
2008 / 11     ( 17 Entries )
2008 / 10     ( 19 Entries )
2008 / 09     ( 15 Entries )
2008 / 08     ( 17 Entries )
2008 / 07     ( 12 Entries )
2008 / 06     ( 18 Entries )
2008 / 05     ( 15 Entries )
2008 / 04     ( 8 Entries )
2008 / 03     ( 7 Entries )
2008 / 02     ( 8 Entries )
2008 / 01     ( 13 Entries )
2007 / 12     ( 17 Entries )
2007 / 11     ( 17 Entries )
2007 / 10     ( 12 Entries )
2007 / 09     ( 6 Entries )
2007 / 08     ( 10 Entries )
2007 / 07     ( 11 Entries )
2007 / 06     ( 7 Entries )
2007 / 05     ( 11 Entries )
2007 / 04     ( 14 Entries )
2007 / 03     ( 15 Entries )
2007 / 02     ( 17 Entries )
2007 / 01     ( 26 Entries )
2006 / 12     ( 15 Entries )
2006 / 11     ( 28 Entries )
2006 / 10     ( 17 Entries )
LINK
RSS Feed (RSS 1.0)
Admin:Author
Tee Yokosawa
Article Search

Appendix
. . . for addition
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。